蜂の巣は見つけ次第すぐに駆除をしよう|業者を利用して安全に処理

作業員

危険な種類のハチを覚える

虫

日本には様々な害虫がいます。農作物に被害を与える害虫や、民家などに現れて人間の生活を脅かす害虫などです。そんな害虫の中で、最も人間に直接的被害を与えている害虫はハチといわれています。日本には多くの種類のハチが生息しています。養蜂などで人間に利益をもたらすハチもいるのですが、多くのハチは被害をもたらします。養蜂農家の方や農家の方以外は、生活の中で直接ハチの恩恵を受けることは殆どないでしょう。ハチを見つけた際は駆除することが大事です。ハチは集団で行動する昆虫なので、一匹発見すると近くに巣があることが考えられます。種類によって蜂の巣の形状や作られている場所が違うので、どのようなハチが住んでいる蜂の巣なのか判断することができます、中には攻撃的なハチもいて危険なので、近づいて観察することはやめましょう。駆除業者に依頼して駆除するのが一般的です。アシナガバチやスズメバチの蜂の巣である場合は特に危険です。この二種類だけでも良いので、巣の形状や成虫の色や形を覚えておきましょう。ハチは敵とみなしたものには容赦なく集団で攻撃してきます。特有の成分を含んだ分泌液を出して仲間を呼び寄せるのです。蜂の巣が近くにある場合はすぐに大量のハチがやってくるので危険です。蜂の巣は発見次第すぐに駆除することをおすすめします。小さなお子様がいるご家庭は特に注意しましょう。小さな子どもは大人よりも毒の免疫が低いので、刺されると死に繋がることもあります。ハチが一匹でも出没したら警戒しましょう。

冷静に対処して問題解決

作業者

蜂の巣が出来ていると家の周りに蜂が出没します。自分自身で蜂の巣駆除をすることも可能ですが、蜂に刺されると重症になる可能性があるため、安全性を考えるとプロの専門業者に依頼するのが良いでしょう。

詳しく読む

蜂に関する知識を持つ

女性

一度蜂に刺されてしまうと人間の身体に悪影響を及ぼしてしまい、命の危険になることもあります。蜂の巣駆除は業者に依頼することもできますが、自分で駆除をするときは蜂に関する知識を勉強しておきましょう。

詳しく読む

日本に生息する蜂達

パソコン

蜂にはいくつもの種類がありますが、その中でもスズメバチやアシナガバチは危険性が高いです。蜂の巣駆除をするときには人間への被害がこないよう慎重に行なうことが大切です。

詳しく読む